Beacon(ビーコン)とは?Beaconができること

今注目のBeacon(ビーコン)についてまとめています。俄かに注目され始め、2017年は、Beacon(ビーコン)を活用したサービスも日の目を見る時期も近いのではと思っています。

Beacon(ビーコン)とは?

Beacon(ビーコン)とは、Bluetoothと同じように、信号の発信機のことをいい、信号を数秒に一回、半径数十メートル範囲に発信します。Beacon(ビーコン)は、Bluetoothとは違いBluetooth Low Energy(BLE)という極力電力を使わない規格を使用しています。

スポンサーリンク

Beacon(ビーコン)ができること

今の主流は、スマホでの活用でしょう。スマホが、Beacon(ビーコン)の範囲内に入ってきたら、何か発信したいことを通知するいう具合です。発信者側は、受信者が近くにいることがわかりますし、受信者は、発信者の情報を漏れなくキャッチすることができます。

「位置情報サービス」との連携は相性がよいでしょう。その後の、受信者の行動パターンを分析し、改善を図っていくことも可能でしょう。また、発信者は、受信者だけにお得な情報を送る「プッシュ通知」を使い、クーポンなどを配信することもできますね。

これからBeacon(ビーコン)を活用した企業を増えることは予想され、その活用の仕方の工夫も一層なされていくでしょう。受信者(主に、消費者)にとっても、使い方次第で圧倒的に便利になりそうな仕組みが鍵へとなりそうです。

<参考>
Beacon(ビーコン)などO2Oの日本のリーディングカンパニーに、アイリッジという企業があります。
参考【3917】アイリッジ企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク