【6191】エボラブルアジア企業研究とビジネスモデル

国内航空券のインターネット販売に特化したオンライン旅行事業などを展開をしている2016年3月31日にマザーズに上場した企業エボラブルアジア企業研究とビジネスモデルの記事です。

エボラブルアジア

「アジアの人々の「移動」と「協業」を、ITの力でより近くに」を企業ミッションとして事業展開

スポンサーリンク

収益の柱

  • オンライン旅行事業
    航空会社との強固なアライアンスにより、国内全路線の比較予約を実現
  • ITオフショア開発事業
    エンジニア人材不足のソリューションとしてベトナムのホーチミン・ハノイ・ダナンに拠点を設立。500人以上のITエンジニアを擁する”日系最大のラボ型オフショア開発”を展開。
  • 訪日旅行事業
    オンライン旅行事業で蓄積したノウハウをいち早く訪日外国人向けサービス及び民泊運営企業向けサービスとして展開

強み

  • 国内旅行に特化
  • 急増する訪日旅客(インバウンド需要)に旅行商材を提供する訪日旅行事業も展開
  • 提携ブランドに沿ったサイトデザインのカスタマイズ

最近の動向

  • ITオフショア開発事業も顧客へのエンジニアリング人員数が増加
  • 法人の出張手配(BTM)の伸長

<2016.11>
総合旅行サービスプラットフォーム「 AirTrip 」(https://www.airtrip.jp/)の構築を開始し、第一弾として国内航空券予約サービスの提供開始。

投資指標 (★3つが最高)

  • 経営者     ★★★
  • ビジネスモデル ★★
  • 将来性     ★★
  • 財務体質    ★★★

リスク

  • テロ・戦争など外的溶菌
  • 原油価格
  • 参入障壁が低くなり競争激化

投資判断

インバウンド需要の増加により、増益増収が今後も見込まれるが、他社との競争も激化することが懸念材料と見る動きもありますが、業界全体が今後も伸びていくので、成長できると判断します。

スポンサーリンク