【4595】ミズホメディー企業研究とビジネスモデル

主に体外診断用医薬品に関して研究開発から設計開発、製造、販売組織による自社一貫体制を構築。インフルエンザ検査薬、妊娠検査薬、排卵日検査薬が主力の企業がミズホメディーです。

【4595】ミズホメディー

病院・開業医分野では、国内外の医療機関向けに患者の健康状態、疾患の有無、治療の経過等を診断するための生化学検査薬、免疫血清検査薬を製造販売。また、製薬メーカーと共同開発した免疫血清検査薬等を製薬メーカーを通じて販売。主力商品は診断分野の中でも市場規模の大きい免疫血清検査薬。OTC・その他分野では、主に一般消費者の自己検査として厚生労働省の認可を得ている一般用医薬品(OTC医薬品)を薬局・薬店へ販売しています。

スポンサーリンク

収益の柱

  • 病院・開業医分野
  • OTC・その他分野の販売市場

最近の動向

  • 排卵日検査薬のスイッチOTC ⇒ 薬局・薬店・ドラッグストアにおいて販売解禁(2016年11月)
  • 武田薬品工業株式会社向け製品(ハイテスター)の発売開始(2016年12月)

強み

スクリーニング検査技術や確定診断技術を有しており、環境・食品検査分野への応用開発なども期待されます。スイッチOTCマーケットでの業績拡大も期待です。

スイッチOTC
スイッチOTCとは、これまでは医師の判断でしか使用できなかった医薬品を、薬局で買えるようにしたのがスイッチOTCといいます。

リスク

  • 原材料の調達の高騰、不可能
  • 製品供給の遅延または休止
  • 知的財産権の第三者からの侵害

投資判断

高齢化社会であり、健康寿命をどれだけ伸ばしていけるかに、つまり、医療への期待は「治療」から「予防」や「ケア」へとシフトしてきており、国民の関心もあり、とりわけスイッチOTCマーケットは今後も市場自体が拡大していくことが予想されるので、技術力もある企業なので、長期的には買い判断ではないだろうか。また、遺伝子検査マーケットの今後も注視。

その他の4000番台の企業

スポンサーリンク