【4585】UMNファーマ企業研究とビジネスモデル

2004年、未充足医療ニーズを満たす新規医療用医薬品の研究開発および製造販売を目的として秋田県に設立。最先端のバイオ技術を使用した赤ちゃんや妊婦、高齢者の方でも接種可能な“人にやさしい”新世代ワクチンを研究開発している企業。創薬機能と製造プラットフォームを有するバイオファーマです。

【4585】UMNファーマ

バキュロウイルス・昆虫細胞系を用いたタンパク発現技術をコア製造プラットフォームと位置づけ、国内でインフルエンザワクチンなどのバイオ医薬品の開発を進める。

スポンサーリンク

収益の柱

  • 次世代バイオ医薬品自社開発事業
  • 次世代バイオ医薬品等受託製造事業

最近の動向

  • UMN-0502製造販売承認申請取り下げに伴うアステラスとの提携解消
  • アステラスとの提携解消で前提となる事業モデル成立が困難となったことから、大幅な特別損失を計上
  • UNIGENを譲渡したことに伴うIHIとの提携解消
  • CMC開発プロセスに特化した研究開発体制へ

パイプライン

  • UMN-2002 ノロ単独 ワクチン
  • UMN-2001 ロタ単独 ワクチン
  • UMN-0502 季節性インフル
  • UMN-0501/0901 新型インフル

強み

  • 遺伝子組換え技術を用いた他社の一歩先行く製造プラットフォーム「BEVS」
  • 開発初期から中期段階までカバー可能な研究開発拠点を保有

投資指標 (★3つが最高)

  • 経営者     ★★
  • ビジネスモデル ★★
  • 将来性     ★★
  • 財務体質    ★

リスク

  • パイプラインの喪失
  • 資金ショート

投資判断

バイオベンチャーは、創業者、企業の理念、ビジョンに共感し、本当の投資目的が問われます。創業者、企業に共感、ともにロマンを追いたいということであれば買いでしょう。

その他のバイオベンチャー

スポンサーリンク