【4584】ジーンテクノサイエンス企業研究とビジネスモデル

ジーンテクノサイエンス企業研究とビジネスモデルです。バイオ新薬の技術、知識及び研究経験を有しており、この優位性を活かし、バイオ後続品の研究開発を積極的に推進。有用な医薬品の普及と患者の経済的負担の軽減にも貢献している企業。

【4584】ジーンテクノサイエンス

「大学発ベンチャーであることの公共性に準じ、利益の追求に留まらず、希少疾患や難治性疾患を対象とする医薬品開発により、人々のクオリティ・オブ・ライフを向上させ、社会に貢献する」ことを経営理念に掲げ、バイオ新薬の開発を行っている企業。ブロックバスターとなっ
ているバイオ医薬品が続々と特許満了を迎える時期に至っており、バイオ医薬品のジェネリック医薬品であるバイオ後続品(バイオシミラー)は、今後世界的に大きな市場を形成することが見込まれている領域で事業を展開。

スポンサーリンク

収益の柱

  • バイオ新薬(抗体医薬を中心とした研究開発)
  • バイオシミラー(原薬の開発と供給・製薬企業とのアライアンス)

最近の動向

  • ノーリツ鋼機バイオホールディングス合同会社との資本業務提携契約の締結
  • 長春長生生物科技有限責任公司(長生バイオ)とのバイオシミラーの中国市場における事業化に向けた基本合意書の締結
  • 千寿製薬株式会社との眼科治療領域のバイオシミラーにかかる本契約(共同事業化契約)の締結
  • 株式会社日本再生医療(JRM)との資本業務提携の締結
  • 伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社との新たなバイオシミラーの共同開発に関する資本業務提携契約の締結

強みとビジネスモデル

  • バイオ医薬品商品化までの一連の実施事項・期間・コストを盛り込んだ計画策定が可能
  • 先発薬との同等性を持つ原薬モノづくりの経験・ナレッジ・ノウハウの保有
  • ファブレス型事業体制
ファブレス(fabless)
fab(fabrication facility「工場」)を持たない会社のこと。工場を所有せずに製造業としての活動を行う企業を指す造語およびビジネスモデル

リスク

  • 許認可等に関するリスク(法令違反)
  • 医療制度改革で法律の改定
  • 研究開発費が多額

その他の4000番台の企業