【3963】シンクロ・フード企業研究とビジネスモデル

シンクロ・フード企業研究とビジネスモデルです。2003年4月に設立され、飲食店の出店開業・運営支援サイト「飲食店.COM」軸に、当社は “食の世界をつなぐ”を経営理念としており、「飲食業界に関わる人々をつなぎ、幸せにしていきたい」という想いを社名に込めた、2016月9月に東証マザーズに上場したシンクロ・フードの企業研究です。それでは、【3963】シンクロ・フード企業研究とビジネスモデルをみていきます。

【3963】シンクロ・フード

飲食店運営者と飲食店に関わる各事業者とをつなぐ「飲食店.COM」が軸。飲食店出店・開業者および飲食店運営者と、飲食店に関わる各事業者とをつなぐマッチングサービスを展開しているメディアプラットフォーム企業です。店舗物件や食材仕入先、内装事業者の検索・問合せといった、出店開業・運営において必要となるサービスを提供。また、飲食店専門の求人サービスなども行っています。

スポンサーリンク

収益の柱

  • 運営サービス「求人@飲食店.COM」「飲食店.COM食材仕入先探し」など73%
  • 出退店サービス「飲食店.COM店舗物件探し」「店舗デザイン.COM」「居抜き情報.COM」など20%
  • その他サービスWEBマガジン「Foodist Media」など7%。

強み

  • 食の世界をつなぐというビジョンのもと、飲食店をキーワードに飲食業支援のトータルサービスの「飲食店.COM」を軸としたプラットフォームを構築。クックパッドのレシピを軸にしたビジネスモデルを彷彿とさせる。
  • 独自性・収益性・安定性の強み

最近の動向

<2017年>

  • 飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」提供開始
  • 食材を簡単に発注できる飲食店向け発注サービス「プレイスオーダーズ 香港版」提供開始

<2016年>

  • 飲食店に特化した食材発注ツール「PlaceOrders(プレイスオーダーズ)」をリリース
  • 飲食店の求人情報サイト「求人@飲食店.COM」の東海版を開設
  • 東京工業大学熊澤研究室とIoT技術を活用した通行量調査に関する共同研究を開始

投資指標 (★3つが最高)

  • 経営者     ★★★
  • ビジネスモデル ★★★
  • 将来性     ★★
  • 財務体質    ★★★

リスク

  • 景気動向や飲食業界における雇用情勢の変化
  • 情報漏えい
  • システムダウン

投資判断

ベンチャーキャピタルの資金が入っておらず、地道に、地に足をつけて業績を伸ばしてきた企業と言えます。またビジネスモデルもストック型のプラットフォームビジネスなので、長期保有を目的として投資なら、買いの判断と思います。今回の上場を機に、どんな成長を描いていくのか、そんな期待もできます。

スポンサーリンク