【3937】Ubicomホールディングス企業研究とビジネスモデル

Ubicomホールディングス企業研究とビジネスモデルです。Analytics(分析)、Automation(自動化)、AI(人工知能)の領域を戦略的事業ドメインと位置づけ、オフショア拠点を活用したITソリューション開発とレセプト点検専用ソフトウェアの開発及び医療データ分析を行うメディカル事業を展開している企業。それでは、【3937】Ubicomホールディングス企業研究とビジネスモデルです。

【3937】Ubicomホールディングス

製造業およびサービス業に加え、金融、医療、そして今後は自動車・ロボット分野におけるデータ融合型AI(人工知能)を視野に入れた領域を事業ドメインとし、また、国際化や少子高齢化などの社会構造の変化、医療生命科学やロボット・人工頭脳の分野における技術革新などの社会変革を新規ビジネス創出のチャンスと捉え、グループ一丸となって果敢に挑戦し、グローバル目線を持ってGo Global Companyとして国益に資する事業モデルを展開。フィリピンにおける開発センターの大幅拡張および新マイティーチェッカーに関する戦略的な投資を吸収した上で大幅な増益を確保。

スポンサーリンク

収益の柱

  1. グローバル事業
  2. メディカル事業

最近の動向

  • 自動車産業や製造業におけるIoT分野、ヘルスケアにおける戦略的なソリューション拡大に向け米国拠点開設。
  • 大手メーカーにおける次世代型券売機および大手PCメーカー向け音声AIクラウドプラットフォームの開発受注。
  • グローバルカンパニーIBM社のコアパートナーとして、大手金融機関以外の新規市場の案件受注。
  • ソフトバンクとIBM Watsonエコシステムパートナー契約を締結。
  • IBM Watsonを活用した新ソリューション・サービスの提供。
  • コア技術及び医療データが取り扱える有利なポジションを活かし、医療ビッグデータ分析市場へ本格展開。

強み・ビジョン

  • 予知保全・医療ビックデータ分析、マーケティング分析、AIアシスタントによる公共サービスでの活用
  • 医療ビックデータ入手の有利なポジション

その他3000番台の銘柄

スポンサーリンク