【3917】sMedio企業研究とビジネスモデル

sMedio企業研究とビジネスモデルの記事です。アジアから世界市場に製品とサービスを提供する企業体系をとっており、2007年の設立以来マルチメディア系のソフトウエアの開発している企業。それでは、【3917】sMedio企業研究とビジネスモデルです。

【3917】sMedio

ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で、より良い方向に変化させるデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に、IoTが重要な技術であるとの認識に立ち事業を展開。具体的、事業として、無線接続技術、著作権認証技術を活かしたワイヤレスコネクティ
ビティ事業と脆弱性診断やデータバックアップといった技術を活かしたセキュリティ&プライバシー事業を展開している企業。

スポンサーリンク

主な収益の柱

  • ワイヤレスコネクティビティ事業
  • セキュリティ&プライバシー事業

最近の動向

  • タオソフトウェア開発の「プライバシーセキュリティ」ソースネクストより販売開始
  • キタムラが開始する電話帳移行サービスにJSバックアップの技術を提供
  • 人工知能による表情認識技術の 実証実験を大手ICT企業と開始

強みとビジネスモデル

  • マルチメディア、ネットワークを中心とした開発力
  • 大手メーカーへの販売力
  • クラウドレコーディング、 IoTセンシングのサーバー、クライアント開発力
  • 高品質のクラウドサーバー構築運営

リスク

  • 技術者不足の継続

その他3000番台の銘柄

スポンサーリンク