【3906】ALBERT(アルベルト)企業研究とビジネスモデル

ALBERT(アルベルト)企業研究とビジネスモデルです。分析力をコアとするデータソリューションカンパニーとして、顧客の意思決定と問題解決を支援をしている企業。

【3906】ALBERT(アルベルト)

ALBERTは創業以来「分析力をコア」とするデータサイエンティスト集団として成長。今後も人工知能や機械学習技術を駆使したデータソリューションで、あらゆる産業の問題解決に貢献していくとしている企業。ディープラーニングを活用した画像認識案件、各種機械に設置されたセンサーから収集したデータを分析し、機械の劣化を予測する案件等、AIやIoT関連の案件の受注を重ねている。

スポンサーリンク

収益の柱

  • データ・システムソリューション事業
  • アナリティクス・コンサルティング事業

最近の動向

  • 人工知能・機械学習技術を駆使するチャットボット型接客ツール「ProactiveAI」実証実験を開始
  • 図形登録商標(ロゴマーク等)を検索するシステム「Deepsearch Logo(ディープサーチロゴ)」 のASPサービスを開始
  • 人工知能(AI)とIoTを駆使したスマートファクトリー事業で業務提携
  • コミュニケーションの最適化を支援する新たなデータプラットフォーム「カスタマート(customart)」を株式会社大広と共同で開発、2017年7月20日よりサービスの提供を開始

強み・ビジネスモデル

  • ビッグデータ・アナリティクス市場において、高い分析力

リスク

  • システムの不具合
  • 資金ショート

その他3000番台の銘柄

スポンサーリンク