【3676】ハーツユナイテッドグループ企業研究

【3676】ハーツユナイテッドグループ

今回は、2013年10月、デジタルハーツが単独株式移転により設立し、東証1部に上場したハーツユナイテッドグループについての企業研究です。

スポンサーリンク

会社紹介

ゲームや遊戯機器などのソフトウェアの不具合を検出し顧客に報告するデバッグ事業を主力とする企業です。また、総合ゲーム情報サイト「4Gamer.net」を運営するメディア事業、ゲーム開発やCG映像制作、コンテンツ制作におけるクリエイティブ領域全般で制作をサポートするクリエイティブ事業なども展開しています。

収益の柱

<デバッグ事業>
家庭用ゲームソフトウェア、オンラインゲーム、ソーシャルゲームをはじめとしたモバイルコンテンツ、自動車、Webシステム、パチンコ・パチスロなどの遊技機を対象に、デバッグサービスを提供。

<メディア事業>
総合ゲーム情報サイト「4Gamer.net」を運営。

最近の動向

<デバッグ事業>
・VRコンテンツ専属デバッグチームを結成
・中国ゲーム市場への参入を決定
・㈱FRONTEO(旧:㈱UBIC)との共同研究によりAIによるネット書き込み監視サービス「DH-AI」を開始
・自動車走行テストの稼動テスター数が500名を突破
・Unityの日本における品質管理協力企業に選定
・中国(上海)に子会社を設立
・㈱ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジアの「China Hero Project」に参画
・大阪Lab.(ラボ)を移転、増床

<メディア事業>
・「Eurogamer.net」を運営するGamer Network Ltd.とメディア展開において協業
・世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」の主催者とパートナー契約を締結、「EVO Japan」の開催を決定

<その他>
・㈱ネットワーク21の株式を追加取得し完全子会社化

強み

開発の早期段階から品質管理に係る総合的なサポートを実施、顧客企業との強固な関係を構築し取引規模を拡大してきている点。今後も、VR(バーチャルリアリティ)等、新たなジャンルのゲームでの拡大が予想されます。また、中国におけるゲームデバッグ事業を積極的に推進している点。

投資指標 (★3つが最高)

経営者     ★★
ビジネスモデル ★★★
将来性     ★★★
財務体質    ★★

リスク要因

同業他社が多く生まれる

投資判断

「成長機会における独自性を活かしたパフォーマンスを最大化する期間」と位置づけるとともに、引き続き、前中期経営計画の基本方針を継続し日本のチカラを世界に発信するグローバル企業を目指している企業です。また、2019年3月期を最終年度とする新中期経営計画を発表しており、既存領域での力強い自律成長に加え、新たな分野での成長機会の開拓を実施し、グループ連結売上高300億円を目指していることから、中期的においては買いと判断しています。

ハーツユナイテッドグループをより深めるために知っておきたい用語

・バグ:コンピュータプログラムの誤りや欠陥、不具合のこと。
・デバッグ:一般的には、コンピュータプログラムの誤り=「バグ」を探し、修正することを指す。
・アウトソーシング:自社の業務や工程の一部または全部を、それを得意とする企業に外部委託すること。
・Lab. (ラボ):デバッグ作業を行う拠点を、当社グループでは「Lab.(ラボ)」と呼称している。
・テスター:デバッグ作業を行うスタッフを、当社グループでは「テスター」と呼称している。
・コンシューマゲーム:家庭用ゲーム機(据置型、携帯型)で遊ぶゲーム。
・マルチ展開:1つのタイトルを複数ハードに対し展開すること。
・オンラインゲーム:インターネットを介して複数の人が同時に参加し遊ぶコンピュータゲーム及びインターネット経由でダウンロード販売されるゲームコンテンツ。

・SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス):人と人とのつながりを促進するコミュニティ、交流を目的としたコミュニティをWEB上で作るサービスの総称。

・ソーシャルゲーム:ソーシャルネットワーキング上で提供され他のユーザーとプレイするオンラインゲーム。
・ブラウザゲーム:WEBブラウザ上で動作するゲームでダウンロードやインストールの必要なく遊ぶことができる。
・ネイティブアプリゲーム:スマートフォンなどの端末上で動作するプログラムによって作られたアプリゲーム。

・VR(バーチャルリアリティ・仮想現実):現実ではないが現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術。身体に装着する機器、コンピュータにより合成した映像・音響などの効果により、3次元空間にいるように感じることができる。

・AR(拡張現実):人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、コンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

スポンサーリンク