【3624】アクセルマーク企業研究とビジネスモデル

アクセルマーク企業研究とビジネスモデルです。人気のソーシャルゲーム開発を筆頭に、着歌などの携帯コンテンツやアドネットワークの広告、東南アジアへの海外展開などを行っている企業です。それでは、【3624】アクセルマーク企業研究とビジネスモデルをみていきましょう。

【3624】アクセルマーク

「ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-」にてゲーム内バランスが悪化しユーザーが減少、その後バランス調整を行い、ユーザーの増加及び長期的な定着に注力中。また、海外での配信許諾タイトル「馭時之輪」では、配信許諾先においてオープンβテストを行った結果、市場に合わせたゲームの調整が必要との判断に至り、本格サービスの開始が後ろ倒しを決定。一方で、広告効果の改善や「ADroute」の新機能の追加、リッチメディア広告(リッチアド)領域の拡充に注力し、順調に業績拡大中の企業。

スポンサーリンク

主な収益の柱

  • モバイルゲーム事業
  • 広告事業

最近の動向

  • 新作タイトル『ディアホライゾン』の事前登録を開始
  • 「幽☆遊☆⽩書」の新作ゲームをKLab株式会社と共同開発中

強みとビジネスモデル

  • モバイルゲーム事業における提供コンテンツの計数数値の分析とフィードバック
  • 広告事業における広告ネットワークの拡大及び広告主向けサービスの拡充、資金・社内リソースの適切な配分、事業の選択と集中による生産性の向上、費用対効果を追求したPR戦略の立案と実行

リスク

  • 急速に変化するゲーム市場
  • 開発費高騰や人材確保

その他3000番台の銘柄

スポンサーリンク