ヘリコプターマネー

ヘリコプターマネーの現実味

安倍政権になって、国を良くしようとする本気度は伝わってきています。なりふり構わず、経済を成長させようと金融緩和、規制緩和を進めてきていますが、何せ国民がついてこれていません。史上初のマイナス金利導入など、ますます出口戦略が難しくなってきていることは否めません。

そこで、最後の切り札として「ヘリコプターマネー」という声が少しずつ出てきました。最後の禁じ手ともいうべきもので、政策といえるかどうかも怪しい方策です。つまり、上空のヘリコプターからお金をばらまくたとえです。直接、国民にお金を配布するという非伝統的手段です。

政府が何をやっても、当事者意識がなかなか芽生えない国民に、直接お金を配布する手段もありのかもしません。そのときは、有効期限付きマネーとして、タンス預金だけにならないようにしないといけません。というのが持論です。

スポンサーリンク