【2222】寿スピリッツ企業研究とビジネスモデル

寿スピリッツ企業研究とビジネスモデルです。観光土産菓子を製造・販売する菓子メーカーの大手。傘下に鳥取の寿製菓(ショップブランド「お菓子の壽城」)、北海道のケイシイシイ(同「ルタオ」)、兵庫の但馬寿(同「遊月亭」)、九州の九十九島グループ(同「赤い風船」)など、地域ブランドを有する土産菓子メーカーがある企業。それでは、【2222】寿スピリッツ企業研究とビジネスモデルです。

【2222】寿スピリッツ

「インバウンド対策の強化」、「海外展開」、「首都圏でのWSR化展開の推進」、「プレミアム・ギフトスイーツの創造と育成」の4つの重点施策を中心に、事業展開を推進。消費者の選別の目は一層厳しさを増し、消費行動も多様化する中で、業種、業態を超えた競争がますます激化してくる厳しい環境が予想される中、引き続き、重点施策を中心とした取り組み強化により、増収・増益を予想されています。

スポンサーリンク

主な収益の柱・事業ドメイン

  • 菓子の製造・販売を主たる業務(交通機関向け(鉄道駅、空港など)向けお菓子など)

最近の動向

  • シュクレイの多ブランド展開の更なる推進、関東主要SA・PAなど販路拡大
  • グループ各社による期間限定店舗展開の推進

強み・ビジネスモデル

  • 地域限定菓子製版会社を統括
  • 地域ごとのマーケット特性にマッチしたお土産、パーソナル・ギフトから自家用まで多様なプレミアム・ギフトスイーツ(Premium Gift Sweets)の需要にブランドポートフォリオで適応
  • 「高い価値の創造」をテーマに美味しさ、品質に徹底的にこだわった地域性
  • 「専門店性(Specialty)」を追求した独創性

課題・リスク

  • インバウンド対策の強化
  • 首都圏展開の推進
  • 食品の安全性
  • プレミアム・ギフトスイーツの創造と育成

その他2000番台の企業

スポンサーリンク